〜絵本の紹介〜

『チリンのすず』

あの、アンパンマンの生みの親、やなせたかしさんの名作です。
緑の中にとてもかわいい子羊チリンが笑顔で表紙になっている絵本です。読み進めていくと心にぐっとくるこのお話は、年長になった子ども達の心にもしっかり響く様子です。読み聞かせる大人も思わずうるっときてしまうんですよ。まだ読んだことのない方は、ぜひ手にとってみてください。

●作:やなせたかし  ●出版社:フレーベル館

『いちにちおもちゃ』

いつも遊んでいるおもちゃに自分がなってみるというとても楽しいお話です。思わず、「はははは」と笑ってしまったり、「え〜っそれはないでしょう」なんて場面もあったりして大人も子供も楽しめるそんなお話です。このシリーズは何冊もあって、どの本を読んでも大うけです。

●作:ふくべ あきひろ ●絵:かわしま ななえ ●出版社:PHP研究所

『だるまさんが』

きっと、本屋さんで見かけたことのある絵本だと思います。白い絵本の真ん中にコロンとだるまさんが立っているあの絵本です。文字も少なくて、あっという間に読めてしまうのですが、とてもインパクトのある楽しい絵本ですよ。一度、本屋さんで立ち読みしてみてください。大人もほしくなりますよ。

●作:かがくい ひろし  ●出版社:ブロンズ新社




 つつじが丘幼稚園では、平成15年から年間200冊の絵本読み聞かせ活動に力を入れてきました。幼児期から絵本を通じて、子どもたちの感性を豊かにし、言語の習得・想像力を育むことが大切だと考えるからです。絵本を通じて親子の心のつながりをより強いものにしたいと考えたのが「ブックスタート・プラス」プロジェクトです。
 入園の手続きをした子どもたちへ、幼稚園からささやかではありますが、絵本を1冊プレゼントさせていただきます。
 数多い絵本の中から、子どもたちが保護者の皆さんと楽しめ、発達段階にあった優れたものを先生方が14冊選びました。その中から保護者の皆さんに1冊選んでいただきます。
 この思いをご理解いただき、ぜひ有効活用し、これからの子育てに生かしていただければ幸いです。

INFORMATION

姉妹園のご案内

ACCESS

〒080-2475
北海道帯広市西25条南3丁目9
TEL:0155-37-4000
FAX:0155-37-3741